片づいた
向こう側の
新しい景色を
見てみませんか

Ikeda Yayoi

Introduction

ごあいさつ

以前の私は「片づけ」とは
「収納を工夫し整理整頓すること」だと思っていました。
でも、このやり方では時間がたてばもと通り。。。
いつの間にか「モノ」は増えるばかり。。。
片づけは「永遠に終わらない」のです。

そして私は「こんまり®︎流片づけ」に出会いました。
ついに片づけを終えることがでたのです。

あなたも「こんまり®︎流片づけ」で片づけを終えた瞬間から、
もう永遠に片づけの悩みから解放されるでしょう。
そしてそこから「ときめく人生」がはじまるのです。
少しの勇気で、小さな一歩を踏み出して
いつもの暮らしをもっと楽しく。
そして、毎日に微笑みを。

こんまり®︎流片づけコンサルタント
池田やよい

About

「こんまり®︎流片づけ」とは?

近藤麻理恵(こんまり)さんが独自に編み出した片づけ法。シンプルなステップで「一度片づけたら、絶対に元に戻らない」効果が得られる画期的な片づけ法。
さらに、片づけを通して自分の内面を見つめることで「どういうモノに囲まれて生きたいのか」、自分の価値観を発見する手がかりになり、人生における全ての選択において大きな変革をもたらします。

Before and After

before

◇お家・お部屋◇

◇ご自身◇

レッスン

こんまり®流片づけ

STEP.1

ご自身の理想の暮らしを明確にしていく(ヒアリング)

STEP.2

ご自身の全ての持ちモノを自分の価値観に従い選択する(順番:衣類→本類→書類→小物類→思い出品)

STEP.3

ご自身の価値観・大切にしているモノを明確にしていく

STEP.4

残した全てのモノの定位置を決める

after

◇お家・お部屋◇

◇ご自身◇

Service &Price

Lesson

こんまり®︎流片づけ個人レッスン

お客様のご自宅にお伺いし『こんまり®︎メソッド』に沿って、お客様ご自身による①ときめきチェック(モノの見極め)②モノの定位置の決定(収納)のサポートをいたします。コンサルタントがいる事で片づけの悩みがすぐに解消し、片づけのスピードが上がり確実に片づけを終えることができます。

レッスン回数の目安

自室のみ

1〜3回
1回目:ヒアリング・衣類・本
2回目:書類・小物・思い出品

一人暮らし

3〜5回 (1LDK)
1回目:ヒアリング・衣類
2回目:本・書類
3回目:小物
4回目:小物・キッチン
5回目:思い出品・仕上げ(収納の調整)

家族暮らし

4〜8回 (3LDK)
1回目:ヒアリング・衣類
2回目:本
3回目:書類
4回目:小物
5回目:小物
6回目:キッチン・洗面所
7回目:思い出品・仕上げ(収納の調整)

*卒業までのレッスン回数はあくまでも目安です。
*マンツーマンのレッスンのため、理想は他の方がいらっしゃらない時間帯で片づけに集中できる環境が望ましいです。
*片づけレッスンは「片づけ代行」ではありません。あくまで、片づけをお客様自身で進められるのをサポートする形になります。
*レッスンは女性の方に限らせていただきます。

個人レッスン料金

1レッスン
5時間(推奨)33,000円(税込)
*時間は3時間からでもご相談ください
(1時間:6,600円)
*別途交通費がかかります
WorkShop

こんまり®︎メソッドワークショップ

近藤麻理恵監修による「こんまり®︎流片づけ」の概要に触れながら「こんまり®︎流片づけ」の基本をコンパクトに学べる2時間のワークショップです。
「こんまりメソッドの概要を知りたい。」「片づけの悩みを話してみたい」「片づけコンサルタントの話を聞いてみたい」という方におすすめです。

ワークショップ料金

2時間:5,500円(税込)
*リクエスト開催可能

開催日

Profile

About

池田やよい

Instagram & Blog

KonMari Media Japan 株式会社 認定
こんまり®︎流片づけコンサルタント

東京都東村山市在住

夫と息子2人(社会人)、娘1人(高校生)の5人家族

いつか、自分の「好き」を仕事にして
何かの役に立ちたい。
と思い続け、、、

小さな時から自他ともに認める

「片づけ好き」だと気づき

ようやく夢を叶える!

片づけても片づけても、いつの間にか元に戻ってしまう方。
子育てに悩んでいる方。
いつもイライラしてしまう方。
何かわからないけれどモヤモヤしている方。
「何かいいことないかな〜」と、いつも思っている方。

(これは過去の私でもあります)

今こそ、このこんまり®︎流の片づけを通して、
そんな思いから解放され
もっと「楽に」、もっと「楽しく」
毎日を過ごしていただけたらと願っています。